COATING FLOW

  • FLOW 1

    洗車・異物除去

    洗車・異物除去

    ボディに付着した砂やホコリをシャンプー洗車で除去し、
    塗装面に刺さった鉄粉を専用除去剤や専用粘土を使用して取り除きます。
    また、細かい部分に入り込んだ汚れなども取り除きます。

  • FLOW 2

    マスキング

    マスキング

    すぐに外れる様なナンバーベースなどは事前に外し、
    ヘッドライト・グリル・エンブレム等はマスキングで養生します。
    エンジンルーム内もしっかり養生する事で、コンパウンドのカスが中に入らいので見えない所も丁寧に行います。タイヤホイールは専用カバーでしっかり保護します。

  • FLOW 3

    表面研磨

    表面研磨

    塗装面の劣化した部分や傷などを除去し、塗装本来の色や艶を取り戻してコーティング皮膜との密着性を高めるために、慎重かつ丁寧に表面研磨を行います。

    LEVEL.1
    細目のコンパウンドを使用し、大まかに傷やシミ・ウォータースポットなどを取り除きます。
    LEVEL.2
    極細目のコンパウンドを使用し、残った傷を取り除きます。
    LEVEL.3
    超微粒子のコンパウンドを使用し、塗装表面を整え鏡面に仕上げます。
  • FLOW 4

    脱脂洗車

    脱脂洗車

    研磨カスやコンパウンド・油分を取り除くために専用脱脂シャンプーで洗車します。
    洗車後はエアーブローを使って、給油口、ライト回り・フェンダー・バンパーの隙間などの細かな水分を飛ばします。

  • FLOW 5

    コーティング剤を塗布 & 拭き取り

    コーティング剤を塗布 & 拭き取り

    コーティング剤をそれぞれの種類に合わせた方法で塗布し、コーティング皮膜を形成します。
    パネル毎に丁寧に拭き上げ、拭き残しが出ない様に、見えにくい場所には特殊なLEDパネルを使って拭き上げます。

  • FLOW 6

    焼付乾燥 & 仕上げ作業

    焼付乾燥 & 仕上げ作業

    コーティング皮膜を早期硬化させるために、低温焼き付けを8時間じっくり行い完全硬化させます。
    ウィンドウを拭き上げ、車内清掃を行い、細かな部分を再度磨き上げ、最初に外した細かいパーツを取り付けます。

Page Top